栃木SCvsガイナーレ鳥取:前半終了

P10409791.JPG

栃木SC 1-0 ガイナーレ鳥取

得点者鷲田
 栃木SCがボールを保持し、ガイナーレ鳥取が全員守備からカウンターを狙う構図。栃木SCは思ったより重傷だと感じた。前半はコーナキックでのゴール前の混戦からたまたま点が取れた。しかし、狙いがハッキリせず、個人技任せでいきあたりばったりの攻撃しか出来ないのは気になる。ちなみに栃木SCはセットプレーでのみしかガイナーレ鳥取の守備を崩せていない。守備でも役割がハッキリしてないのか、ボールウォッチャーになってしまうことがある。
 ガイナーレ鳥取は前半を0点で乗り切る作戦だったのだろうが、失敗してしまった。攻撃はまだ厚みのないカウンターのみなので、後半はどう勝負に出てくるのか楽しみである。
 後半、ガイナーレ鳥取が勝負にきたときにどうなるのかが見物である。

検索

Twitter

Facebook