JFL後期第12節:ここからの主役はガイナーレ鳥取だ!

抜け出したHonda FC、4位以内争いは混戦へ

JFL後期第11節結果
ソニー仙台FC 0-1 FC琉球
佐川印刷SC 1-2 FC刈谷
Honda FC 2-1 カターレ富山
横河武蔵野FC 0-0 SAGAWA SHIGA FC
栃木SC 1-1 ニューウェーブ北九州
ジェフリザーブズ 1-2 ファジアーノ岡山
流通経済大学 3-2 アルテ高崎
TDK SC 5-0 三菱水島FC
ガイナーレ鳥取 2-1 MIOびわこ草津

 JFLは本日、後期第12節を迎える。前節、注目されたHonda FCvsカターレ富山Honda FCが勝利して優勝へ大きく近づいた。Honda FCの次節以降の対戦相手は下位のチームが中心となるため、よほど取りこぼさない限り優勝はほぼ確実だろう。その他、天皇杯で躍進した栃木SCが終了間際に勝利を逃すなど、Honda FCを追従する各々はどうもピリッとしない。そんな中、ガイナーレ鳥取がじわじわとJリーグ参入圏内の4位へと手を伸ばしている。

勝ち点差2!4?7位の直接対決が今期の行方を左右する

JFL後期第11節対戦表
10/25(土) 三菱水島FC vs Honda FC 笠岡
10/25(土) アルテ高崎 vs ニューウェーブ北九州 浜川
10/25(土) MIOびわこ草津 vs ファジアーノ岡山 湖南
10/26(日) ソニー仙台FC vs 流通経済大学 七ヶ浜
10/26(日) 佐川印刷SC vs ジェフリザーブ 太陽が丘
10/26(日) TDK SC vs 栃木SC 仁賀保
10/26(日) ガイナーレ鳥取 vs 横川武蔵野FC とりスタ
10/26(日) FC刈谷 vs カターレ富山 刈谷
10/26(日) FC琉球 vs SAGAWA SHIGA FC 沖縄北谷

 そのガイナーレ鳥取の今節の対戦相手はカターレ富山と入れ替わりで4位に浮上した横川武蔵野FCだ。間違いなく今節の注目カードとなる。両者の勝ち点差は2ポイント。順位が入れ替わるか、大きく突き放すかで大きく違ってくる。さらにガイナーレ鳥取はその次に栃木SCとの試合も10月30日に控えている。そのあとは上位陣との直接対決はなく、勝ち点差を直接縮めるとしたらここしかない。ガイナーレ鳥取にとってこの5日間は正に正念場だ。この5日間を乗り越えれば、JFLで長く低迷した妖怪軍団にいよいよ日の光が差し込む。

 また、同じ状況にあるのがFC刈谷だ。今節は勝ち点差1のカターレ富山との試合を控えており、こちらもFC刈谷が勝てば順位が入れ替わる。前期で同カードを1?0で制しているFC刈谷にとってはまたとないチャンスであり、カターレ富山にとってはかなりやりにくい相手だろう。カターレ富山Honda FCのショックを引きずっているようだと足元をすくわれる事になる。

栃木SCファジアーノ岡山は勝利あるのみ

 逆に、終われる側の栃木SCファジアーノ岡山にとってはこの状況が追い風となる。そう、追従する4チームがつぶしあいをする可能性があるからだ。これによりうまくいけば勝ち点差を5?6に広げることが出来る。12節終了時点で残り5試合となるので現実的には逆転不可能となり、Jリーグ参入に大きく近づくことが出来る。ただし、上位との直接対決を3試合残すファジアーノ岡山はそれでも安心は出来ない。それは栃木SCにも言えることだが、両者は残りの試合もある程度の余裕を持って戦うためにもここで混戦に巻き込まれるわけにはいかない。

Jリーグ参入はファジアーノ岡山ガイナーレ鳥取で決定!?

 がんばれがんばれと言っていても仕方がないので、ここで最近6試合の結果をそのままラストの結果に当てはめてみた。このままいくとどうなるかという順位表だ。すると面白いうことになる。Honda FCの優勝は確実として、2位がガイナーレ鳥取3位がファジアーノ岡山4位がFC刈谷という結果になった。栃木SCが勝ち点を2つしか重ねていないことや、ファジアーノ岡山が終盤に直接対決を多く抱えていることは考慮していないので非常に安直なものだが、それでもガイナーレ鳥取FC刈谷流通経済大学の上昇気流は数字上だけのものではないはずなので、ありえない結果ではないのだ。JFLの上位はJ1もびっくりするような混雑状態になりつつある。ここで踏ん張れるかどうか。Jリーグに入会したいのであれば楽に乗り越えていただきたい。

JFL勝ち点上積みシミュレーション
第11節終了時
全日程終了時のシミュレーション結果
72 Honda FC(411=13)
71
70
69
68
67
66
65
64
63
62 ガイナーレ鳥取(501=15)
61 ファジアーノ岡山(231=9)
Honda FC 60 FC刈谷(411=13)
59 横川武蔵野FC(312=10)・流通経済大学(420=14)
58
57 カターレ富山(303=9)
56
55 栃木SC(024=2)
54
栃木SC 53
ファジアーノ岡山 52
51
50
横川武蔵野FC 49
カターレ富山 48
ガイナーレ鳥取FC刈谷 47
46
流通経済大学 45

表右の括弧内の意味は直近6試合の結果が3勝2分1敗の勝点11であれば「(321=11)」と表記している。

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook