残るは1枠!—地域リーグ決勝大会

決勝大会進出チームが続々決定!

 全国社会人サッカー選手権大会が終わり、注目された全社枠は東北2位のNECトーキンと九州3位のホンダロックに与えられた。時を同じくして、週末には四国地域リーグと中国地域リーグが行われ、それぞれ代表チームが決まっている。四国地域リーグは1位のカマタマーレ讃岐が2位のヴォルティス2ndを敵地で直接下して優勝を果たし、四国地域の1枠を埋めた。2枠が与えられている中国地域リーグは奇数チームのリーグのため試合がなかったレノファ山口が、3位のFC宇部ヤーマンの敗戦を受けて2位以内を確保している。

カマタマーレ讃岐は2回目、レノファ山口は初の決勝大会進出

 遅くなったが、全社で盛り上がる中、カマタマーレ讃岐レノファ山口が四国リーグと中国リーグからそれぞれ決勝大会へ進出を決めている。これにより残る枠は中国リーグの2位のみとなった。カマタマーレ讃岐はチーム名を変えてからは2度目の参戦となる。前回は地元高松での開催ながらMIOびわこ草津FC岐阜静岡FCという今思えばかなりの激戦区の中でそれぞれ6?0、2?0、4?0と全く相手にならないままグループリーグで敗退をすることになり、悔しい思いをしている。カマタマーレ讃岐として2度目の挑戦となる今回は2年前より成長した姿を見せたいところだ。レノファ山口は今回で初参戦となる。厳しい戦いが予想されるが、ここで2枠与えられている中国地区の代表たる意地を見せたい。

決勝大会進出チーム一覧
北海道1 ノルブリッツ北海道
東北1 グルージャ盛岡
関東1 FC町田ゼルビア
東海1 静岡FC
北信越1 AC長野パルセイロ
関西1 バンディオンセ加古川
関西2 アイン食品
中国1or2 レノファ山口
中国1or2 (未定)
四国1 カマタマーレ讃岐
九州1 沖縄かりゆしFC
九州2 V・ファーレン長崎
全社 NECトーキン
補欠(全社) ホンダロック
補欠(東海2) 矢崎バレンテ
補欠(関東2) 日立栃木ウーヴァSC

中国地域の最後の枠は佐川急便中国SCが濃厚

 中国地域リーグの残された最終節は決勝大会進出を決めたレノファ山口を含めた上位4チームの四つ巴の戦いとなる。レノファ山口も中国地域リーグ初優勝を当然狙っており、決して負けるような戦い方はしないはずだ。対する佐川急便中国SCも引き分け以上で2位が確保できるのでこちらも必死である。問題はFC宇部ヤーマンvsNTN岡山のカード。どちらも引き分けは許されず、勝った上で2位の佐川急便中国SCの敗戦を待たなくてはいけない。しかもNTN岡山は5点差以上の勝利が求められており、打ち合い必至だ。最終節は10月26日の11時に一斉にキックオフとなる。

中国地域リーグ順位表

チーム名


1 レノファ山口 35 +28
2 佐川急便中国SC 32 +26
3 FC宇部ヤーマン 30 +8
4 NTN岡山 29 +20
5 デッツォーラ島根 26 0
6 日立笠戸 16 -23
7 マツダSC 12 -20
8 JFEスチール西日本 8 -20
9 広島フジタSC 7 -12
中国地域リーグ最終節対戦
レノファ山口 vs 佐川急便中国SC 維新公園ラグビー・サッカー場
FC宇部ヤーマン vs NTN岡山 おのだサッカー交流公園
JFE西日本 vs フジタSC JFE
日立笠戸 vs マツダ 周南市陸上競技場
関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook