AC長野パルセイロvsNECトーキン:試合終了

P10408831.JPG

AC長野パルセイロ 2-1 NECトーキン
得点
前半6分(長野)13藤田信
前半21分(長野)9佐藤大典
後半40分(トーキン)26小倉浩志
 後半、NECトーキンはDFの枚数を減らして攻めに出る。これによりボールの支配率は上がるが、決定的なシュートは打てない。むしろ余裕をもって攻めれるAC長野パルセイロの方が多くのチャンスを作り出す。一矢酬いたいNECトーキンは後半ロスタイムに右サイドFKから何とか1点を返すが、そのままタイムアップを迎えてしまった。

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook