全国社会人サッカー選手権大会第3日目総括

ベスト4決定!

 いよいよベスト4が揃った。サン・スポーツランド会場ではホンダロックが順当に勝利し、佐川急便中国SCがやはり息切れしたというところか。陸上競技場会場ではNECトーキンが意地の勝利、松本山雅FCが執念の勝利をそれぞれ勝ち取った。

全社大会準々決勝結果
ホンダロック 2-0 ヴォルカ鹿児島
佐川急便中国SC 0-4 AC長野パルセイロ
V・ファーレン長崎 1-2 NECトーキン
JAPANサッカーカレッジ 1-2 松本山雅FC

全社3日目

V・ファーレン長崎vsNECトーキン

 NECトーキンが早々と先制したことで両者の戦い方は早くも明確になった。早速守備に入るNECトーキンと、同点弾を狙うV・ファーレン長崎という構図に。V・ファーレン長崎はリズムよくボールを裁いて突破を図ろうとするが、要所要所でミスが目立ち、疲労の色が隠せない。後半に入り10人になってしまったときにはさすがに終わったかと思われたが、少々おまけの色が強いPKを獲得することで起死回生にに至った。しかし追加点のシーンもそうだが度々集中力を欠く場面が見られたのは疲れが溜まっていたからだろう。V・ファーレン長崎にはここが限界だったのかもしれない。NECトーキンは運にも助けられ、省エネに成功した印象だ。次の松本山雅FC戦は絶対に負けられない。最後の力を振り絞って全力で臨みたい

 そして試合は何よりも印象に残ったのがV・ファーレン長崎サポーター・・の方。選手が入場してくるとどこからともなく太鼓の音と応援歌が。よく見るとバックスタンドに太鼓をたたいて歌っているV・ファーレン長崎サポーターが1人。誇張表現とかではなく本当に1人なのだ。彼は途中声が裏返りそうになっても最後まで応援を絶やさなかった。そう、最後まで諦めなかった11人と同じように。平日の昼間の遠方での開催ということで人が集まらないのは仕方がないことだ。だからと言って1人で太鼓をたたいて応援するものなのだろうか。彼がどのような気持ちで応援をしていたのかは分からない。V・ファーレン長崎は初めてお目にかかったのだが間違いなくサポーターに愛されているチームなのだということは分かった。決勝リーグが楽しみである。
全社3日目

JAPANサッカーカレッジvs松本山雅FC

 これが地域リーグなのかと目を疑った。第1戦の松本山雅FCを見てかなり出来ると思っていたのだが、それ以上のインパクトがあった。天皇杯でのツエーゲン金沢の快進撃も納得がいくというものだ。試合は10人の松本山雅FCが逆転勝ちに成功するという劇的な展開。しかしJAPANサッカーカレッジが情けない試合をしていたかといえばそうではない。むしろ試合はJAPANサッカーカレッジが主導権を握っていたぐらいだ。松本山雅FCは10人になったが試合を見ている限りはまるで11人かのような動きっぷりだった。気持ちでカヴァーしたというよりは技術と戦術でもれなく埋めた印象で、強いチームの証のひとつである。この10人での戦いが明日にっどう影響するのかは明日になってみないと分からない。次の大一番は今日以上に全社枠をかけた真剣勝負となる。

(参考)北信越1部の順位:1位-AC長野パルセイロ、2位-JAPANサッカーカレッジ、3位-ツエーゲン金沢、4位-松本山雅FC

全社3日目

準決勝展望

 地域決勝リーグについてのレギュレーションが今年から変わっていたことを情けない話だが今日になって知った。それによると決勝大会に進出するのは今年から16チームが固定となり、今年からは全社枠が実質2つになるということだ。ということでベスト4のうちAC長野パルセイロを除く「ホンダロック」「NECトーキン」「松本山雅FCのうちの上位2チームが全社枠を獲得することになる。

 どちらのカードもガチガチの戦いになるだろう。AC長野パルセイロvsホンダロック」はコンディションで勝るであろうAC長野パルセイロが有利か。それともホンダロックが気持ちで勝るのか。共に激戦区と言われるKYUリーグと北信越リーグの名を背負った戦いになる。

 「NECトーキンvs松本山雅FCは今日の試合を見る限り実力ではNECトーキンが上か。しかし松本山雅FCも2戦連続逆転勝ちとあり、サポーターも含め雰囲気は最高のはずだ。明日は平日ながらどれだけの人が市陸に集まるのか楽しみである。

 勝てば決勝リーグ進出。明日、新潟市陸で火花が飛び散る。

準決勝組み合わせ
ホンダロック vs AC長野パルセイロ
NECトーキン vs 松本山雅FC

(^-^)

 

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook