V・ファーレン長崎vsNECトーキン

P10404981.JPG

V・ファーレン長崎 1-2 NECトーキン
得点
前半2分 (NEC)11佐藤幸大
後半25分 (長崎)14原田武男
後半29分 (NEC)11佐藤幸大
 後半11分、V・ファーレン長崎は8久留貴昭が2枚目の警告を受けて退場してしまう。これをうけてかNECトーキンはやや前がかりになるが試合はV・ファーレン長崎ペースで進む。そして26分にPKを獲得するとこれを14が決めて同点に。その後は攻守が目まぐるしく入れ代わり、どちらに転んでもおかしくなかった。
 しかし結末は呆気なかった。V・ファーレン長崎のクリアミスがNECトーキンのFW11佐藤幸大にそのまま渡ってしまい、これを落ち着いて沈められて勝負あり。NECトーキンが全社枠にぐんと近づいた。

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook