あと4枠!グルージャ盛岡が東北制覇

東北代表はグルージャ盛岡

 天皇杯に追いやられていたが、忘れてはいない地域リーグ決勝大会の東北地区代表が決定している。その代表チームはグルージャ盛岡となった。10月12日の最終節でNECトーキンを2-1で直接下し、逆転優勝を飾っている。これでNECトーキンは決勝大会に進む為には全社大会で優勝を狙うしかなくなった。グルージャ盛岡は2年連続3度目の決勝大会進出となる。今年こそはファイナルまで駒を進めたい。

残るは中国リーグと四国リーグ

 これで残る枠は4つ。中国リーグから2枠、四国リーグから1枠、全社枠から1枠だ。中国リーグはレノファ山口佐川急便中国FC宇部ヤーマンNTN岡山の4チームに絞られ、最終節には4つ巴ともいえる直接対決を控えている。四国リーグはカマタマーレ讃岐があと1試合、徳島ヴォルティス2ndがあと2試合を残して負けなしの状況で争っている。こちらも最終節は両者の直接対決となる。これでいよいよ決勝大会に駒を進めるチームが出揃う。どのような顔合わせになるのか楽しみだ。

中国リーグ順位表
順位 チーム名 試合数 勝点 得失差
1 レノファ山口 15 35 28
2 佐川急便中国 15 32 26
3 FC宇部ヤーマン 14 30 12
4 NTN岡山 15 29 17
5 デッツォーラ島根 15 23 -3
6 日立笠戸 14 13 -27
7 マツダSC 14 9 -22
8 JFEスチール西日本 14 8 -22
9 フジタSC 14 7 -9
四国リーグ順位表
順位 チーム名 試合数 勝点 得失差
1 カマタマーレ讃岐 13 37 57
2 ヴォルティス・2nd 12 32 60
3 愛媛しまなみFC 12 18 -4
4 南国高知FC 12 17 16
5 三洋電機徳島 13 15 -16
6 昭和クラブ 13 12 -32
7 ベンターナAC 12 10 -18
8 徳島コンプリールSC 13 0 -63
四国リーグ・中国リーグの主な日程
日付 時刻 ホーム アウェー 備考
四国 10/19 14:00 ヴォルティス2nd vs カマタマーレ讃岐 :最終節/カマタマーレは最終戦
四国 10/26 13:00 南国高知FC vs ヴォルティス2nd :第13節延期分/ヴォルティスは最終戦
中国 10/19 11:00 日立笠戸 vs FC宇部ヤ?マン

宇部が引分以下で山口の決勝リーグ進出が決定
中国 10/26 11:00 レノファ山口 vs 佐川急便中国 :最終節
中国 10/26 11:00 FC宇部ヤーマン vs NTN岡山 :最終節

2枠が与えられる意味とは

 正直な話、中国リーグの2枠というのはあまりピンとこない。そもそも決勝リーグというぐらいだから2位のチームが出場するのには違和感があり、決勝大会の運営予算的にもなくてよいと思うぐらいだ。

 この2枠が与えられる地域は前年度の地域リーグ決勝大会の結果によって決まる。去年はファジアーノ岡山(中国)、ニューウェーブ北九州(九州)、MIOびわこ草津(関西)がJFLに昇格した為、今年は中国、九州、関西にそれぞれ2枠が与えられた。つまり、2枠というのは共に戦ったライバルが残したプレゼントなのである。粋なはからいだ。その地域のさらなる活性化のためにも決勝リーグを勝ち抜く意味があり、それは各地域リーグ覇者の責任ともいえるだろう。与えられた彼らは先人の『置き土産』を無駄にしてはいけない。

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook