陰る山陽、陽だまる山陰

関西の雄・バンディオンセ加古川がアマチュアクラブへ

 地域リーグから関西地域の雄が事実上、消滅した。バンディオンセ加古川のことである。バンディオンセ加古川は主要出資会社である太陽プラント?が破産したため、資金の捻出に無理が生じることになり、プロ契約の選手と監督の解雇を発表している。連日噂されるよくない話がひとつ、明らかになってしまった。アマチュアチームとしてチームを存続できるのは不幸中の幸いではある。しかし、主力となるプロの選手が居なくなることをチーム崩壊と捉えても間違いはないはずだ。もうバンディオンセは強くない。チーム編成が不透明な現在の状況でそう捉えるのはあまりにも短絡的過ぎるが、関西地域で唯一全国レベルにあったクラブチームがその影を薄めるのは間違いなく関西地域全体のレベルに影響する。関西地域のサッカーに冬の時代が到来することになりかねない。

 もっとも、サッカーに限らず金満であればいいという問題でもないのは確かだ。例えばJ1では予算が最低クラスのジェフ千葉は何とか残留しているし、J2のモンテディオ山形でもJ1に昇格することが出来た。地域リーグレベルではこちらも低予算のレノファ山口FCが「静岡FC」「グルージャ盛岡」「松本山雅FC」を退けて決勝ラウンドに駒を進めたのは記憶に新しい。何よりも企業クラブなど100%アマチュアクラブである。どんな形であれチームが存在すれば無限の可能性がある。バンディオンセの、加古川の底力を見てみたい。

経費節減でプロ契約打ち切りへ バンディオンセ加古川/神戸新聞

ガイナーレ鳥取に即戦力GK加入

 こちらは明るい話。JFLのガイナーレ鳥取ベガルタ仙台のGKシュナイダー潤之助を獲得する。インパクトのある名前なので知っている方も多いと思うが、間違いなくJ2ではレギュラークラスのゴールキーパーだ。資金難で戦力を整えるのに苦労しているチームが相次いでいる最中、ガイナーレ鳥取の補強は着々と進んでいる。

 焦点は戦力的な部分ではなく、散々貧乏と言われていたガイナーレ鳥取の資金力である。先日、主力選手であり期限付きで加入していたハメドの完全移籍での獲得を発表したと思ったら次々とJリーグから即戦力を獲得している。鳥取はよほど景気がよいのだろうか。ガイナーレ鳥取の経済状況を不安視せざるをえない。JFLに限らず無理な補強をしてきた反面教師が次々に明らかになっているのを知らないはずがないので大きな心配はしていないが・・。

 ロッソ熊本栃木SC、YKK AP、アローズ北陸など長らくJFLの上位に君臨していたチームが次々に姿を消したことでJリーグへの門をたたく事はより現実的になった。しかし、ガイナーレ鳥取が来季のJリーグ参入を逃すことになれば・・その結果は末恐ろしい。ガイナーレ鳥取の貧乏説は私の調査不足であってほしい。

仙台のシュナイダー、鳥取に移籍へ/スポーツ報知

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook