奈良クラブvs阪南パニックスFC:試合終了

ここからJリーグ-P10602431.JPG

奈良クラブ 5-1 阪南パニックスFC
得点
前半34分(奈良)7石田雅人
前半39分(奈良)7石田雅人
前半40分(奈良)13金城勇規
後半17分(奈良)22橋垣戸光一
後半21分(奈良)16河合学
後半28分(阪南)13
 気持ちの緩みが得点差を広げた。17分に左サイド浅い位置でのFKからクロスをファーサイドでもつれながら折り返すと、空になったゴール前に詰めていた橋垣戸が難無く詰めて追加点を奪う。さらに21分には完全に集中が切れた阪南のDFラインでフリーになっていた河合がボールを受けてそのままキーパーとの1対1を征して突き放す。
 阪南パニックスFCは激しいタックルでボールを奪いながら応戦するが、左サイドのクロスから1点を返すのが精一杯だった。
 奈良クラブはブロックリーグの首位を確定し、23日の決勝トーナメント準決勝に挑む。

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook