大量解雇からJFL

まずは現実を受け入れる

 J1・J2入替戦が始まった。第一戦は1-1のドローでアウェーのジュビロ磐田優位のまま第二戦の地、ヤマハスタジアムへ。来年から廃止される入替戦、今年はどんなドラマが待っているのやら。決まりきった文句で客観的に語り始めたわけだが、今頃仙台に居たはずなのにと思いラジオ実況に耳を傾けながら、来季の構想が全く見えてこない某緑のチームのことばかりを考えていたのが昨日の私だ。もっと他にやることがあろう。現実を受け入れるのは意外と容易いことなのだが、そのダメージは想像を絶する。好きなクラブの未来が見えない不安はファンやサポーターであれば経験があることではないだあろうか。その不安の根源には様々な要素があり、チームによってその不安を語る論点は似ているようでも若干違ったりするもの。しかし今年に限って言えば、それはほぼ間違いなく大量解雇という現実。今期末はどこのクラブもとくにそうだ。大量解雇はJリーグに限った話ではなく、北信越リーグではツエーゲン金沢松本山雅FCなどのセミプロクラブも例外ではない。

 恐ろしいのは、解雇通告の話題が殆どだと言うことだ。獲得話が進んでいる話は全く聞かない。大量解雇しつつも上手に来季以降の構想が見えているのは日韓の有力大学生を着々と仕入れているFC岐阜だろう。しかし獲得話が殆どないのは仕方がない。選手同様に監督人事も大きく動いており、今年は特に柏レイソルの石崎監督やコンサドーレ札幌の三浦監督などといった日本人では大物の監督が浮遊してしまっている。監督が決まらなければ選手は取れない。当然の流れなのだが、今年は落ち着くのが遅くなりそうだ。

高いほうから低いほうへ流れるのは物理学に限った話ではない

 ポジティブに考えることも出来る。例えばJ2のクラブから解雇された大量の選手はJFL以下のクラブに流れることが考えられる。今オフはどれだけの選手が下のカテゴリに流出するかはまだまだ分からないが、広く見ればこれがカテゴリの底上げに繋がるとも言える。J1でそのチカラを使い果たした選手がJ2に流れることが普通になった現在、J2で役目を果たした選手がJFL以下のカテゴリに流れる事が普通になってもいいのではないか。

 いや、もう既にJFL以下のカテゴリを舞台に選ぶのは選択肢の一つとなっていると信じている。今期の栃木SCファジアーノ岡山がそうだ。共に自前出身の選手で申し訳ないが、栃木SCの佐藤悠介やファジアーノ岡山の喜山康平は間違いなく地域リーグやJFLで大成した選手の一人であり、よい成功例として挙げる事が出来るだろう。私は選手ではないので選手の気持ちは分からない。彼らがどんな気持ちで地域リーグやJFLの舞台に身を投じたのかなど想像つかないし理解できない。しかし、予ねてはザスパ草津の小島伸幸(群馬出身/仏W杯日本代表)をはじめ、FC岐阜の片桐敦至(岐阜出身/2001年高校サッカー得点王)のようなかつての実力者が下のカテゴリからチーム諸ごと這い上がってくる様は見ているほうとて面白く、応援しているほうとてやりがいがある。彼らのような成功者がどんどん輩出されることで、JFL以下のカテゴリがJリーグで挫折した選手のキャリアの選択肢の一つとして選んでいただけるようになれば嬉しい話だ。

 犬飼問題をかき消すように大量解雇に揺れるJリーグだが、その余波を観察するのもまた面白い。あとは個人的にそれを楽しむ余裕があれば問題ない。

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook