[関西地域]府県リーグ決勝大会開幕

Jリーグ閉幕

 余談から入らせて頂きます。Jリーグの全日程が入替戦を残して終了しました。鹿島アントラーズ、2連覇おめでとうございます。そしてジェフ千葉は正に奇跡的な残留でしたね。得点できるチームが勝てると言うのを改めて感じました。私が愛している緑のクラブは残念な結果になりました。来年は敵として故郷の岐阜や、今年応援してきた栃木SCカターレ富山ファジアーノ岡山のホームタウンに訪れなくてはいけないのは少し複雑な気持ちですが、そのときはこちらとて全力でかかっていくのでよろしくお願いします。気持ちの整理に時間がかかりました。とはいえ、迷走するフロントと先の見えない経営に不安いっぱいで、まだ落ち着いていないのが本音です。しかしいつまでも下を向いていても仕方がないので・・。

府県リーグ決勝大会開幕:奈良クラブが辛勝発進

 12月7日、府県リーグ決勝大会が開幕した。この大会は関西地区の都道府県リーグの覇者が集い、その上のカテゴリである関西2部リーグへの昇格を賭けて戦う。優勝チームが自動昇格し、準優勝チームが関西リーグ2部7位の履正社FCとの入替戦に出場する権利を得る。将来のJリーグ入りを目指す奈良クラブは滋賀県2位のSFC TOPに1-0で勝利し、ブロックリーグ突破に弾みをつけた。次節は12月13日、阪南パニックスFCと対戦する。なお、3チームで構成されるグループリーグの1位のみが1月の決勝トーナメントに出場できる。

府県リーグ決勝大会2008:第1回戦結果
Aブロック セントラルSC 0-1 南海FC (試合なし:JST)
Bブロック 東レTOP 0-1 三菱自動車京都 (試合なし:紀北蹴球団)
Cブロック 関学クラブ 3-4 東大阪FC (試合なし:桂向FC)
Dブロック SFC TOP 0-1 奈良クラブ (試合なし:阪南パニックス)

 阪南パニックスFCは阪南大学サッカー部の3つある社会人向けチームのひとつだ流通経済大学で言うところのクラブドラゴンズ(関東1部)といったところか。社会人チームにとって体の出来ている大学チームはやりにくいと言うのが通説だ。実際、JFLでも流通経済大学は6位につけている。大学生だと言う時点で手ごわい相手であることは間違いないだろう。この試合、ドローだと翌週の「SFC TOPvs阪南パニックスFC」の結果次第ではブロックステージ敗退となってしまうので、奈良クラブは確実に勝利を修めなくてはいけない。

 奈良クラブは県リーグから全社に出場した強豪チームとはいえ、後半38分の得点のみの勝利。非常に厳しい戦いを強いられているようだ。しかし貴重な勝ち点3を獲得したのは間違いない。まずは好発進おめでとうございます。試合の詳細は奈良クラブサポーターの方が記事にしていらっしゃるので、是非ご参照いただきたい。

昇格へ向け、白星発進! 府県決勝大会?GL1節 VS SFC TOP?/脚と角

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook