地域リーグ決勝大会Cグループ:3日目

日本一狭い門をくぐった4チーム、いざ石垣島決戦へ

 決勝ラウンドの顔合わせが決まった。「ホンダロック」「V・ファーレン長崎」「レノファ山口FC」「FC町田ゼルビア。順当であれ波乱であれ、最終日のドラマティックな展開は今年も各会場を盛り上げたことだろう。特にAグループは引き分け以上で突破が決まっていたAC長野パルセイロバンディオンセ加古川に意地を見せられ敗退すると、それを間近で見ていたであろうホンダロック沖縄かりゆしFCとの九州対決を制して大どんでん返しで1位を勝ち取った。まったく、当事者でなくてよかった。Bグループは第一戦のカマタマーレ讃岐が引き分けたため、開始前にV・ファーレン長崎の突破が決まると言う拍子抜けな展開となり、CグループとDグループは直接対決でPKまでもつれ込みながら1位が決まっている。

 Cグループは静岡FCグルージャ盛岡という強豪を立て続けに撃破する快進撃を見せたレノファ山口FCが、起死回生を繰り返しいてここまでたどり着いた松本山雅FCと引き分けたものの、PKで1位の座を確保した。

地域リーグ決勝大会1次ラウンド3日目結果
Cグループ レノファ山口FC 1-1
5PK3
松本山雅FC
Cグループ 静岡FC 0-6 グルージャ盛岡
Aグループ AC長野パルセイロ 2-3 バンディオンセ加古川
Aグループ ホンダロック 2-1 沖縄かりゆしFC
Bグループ カマタマーレ讃岐 0-0
4PK2
アイン食品
Bグループ 日立栃木ウーヴァSC 0-1 V・ファーレン長崎
Dグループ 佐川急便中国SC 1-2 ノルブリッツ北海道
Dグループ FC町田ゼルビア 1-1
6PK5
矢崎バレンテ

レノファ山口FCvs松本山雅FC」:ミラクルレノファ、PKで松本劇場に幕を下ろす

レノファ山口FCvs松本山雅FC:スタメン
レノファ山口FCvs松本山雅FC:前半終了
レノファ山口FCvs松本山雅FC:試合終了

 レノファ山口FCの武器はたった一つ。両サイドいっぱいに開いたウィングを起点にしたサイド突破だ。他に武器らしいものはない。守備も非常にオーソドックスで、どちらかと言うと脆い部類に入る。しかし、そのたった一つの武器は完璧なまでに磨き上げられ、最強の矛となっていた。レノファ山口FCの快進撃は最強の矛一本で成し遂げたと言っても過言ではないだろう。

 出来事は一瞬だった。完全に警戒されていた両ウィングのうち右サイドの福原が前半に一度だけフリーになる。その瞬間を逃さず得意の形に持っていき、40分になってやっと訪れた最初のチャンスをものにした。しかし誰もが、少なくとも松本山雅FCのサポーターは逆転劇の夢を見ただろう。後半開始早々に同点とする。その後は互いに特徴を潰しあいながら持ち味を出そうともがく時間が続き、決定戦らしいハイレベルな戦いを展開してくれた。

 松本山雅FCは2年連続の1次ラウンド敗退となった。最後まで戦った選手には多くのファンから拍手とエールが送られる。本当に幸せなクラブだ。ところで、選手が退散してからは会場ではAC長野パルセイロの「決勝ラウンド進出の心配」をしていた松本山雅FCファンが多くてニヤリとしてしまった。両者とも来年は再び北信越リーグが戦いの舞台になる。この信州2クラブにはいつまでも「いい関係」でいてほしいものだ。

決勝大会

静岡FCvsグルージャ盛岡」:抜け出せない静岡、ここはグルージャワールド

静岡FCvsグルージャ盛岡:スタメン
静岡FCvsグルージャ盛岡:前半終了
静岡FCvsグルージャ盛岡:試合終了

 攻めれば攻めるほど失点をしてしまう。そんな負のスパイラルから静岡FCは抜け出せなかった。最も、敗退が決まったと言うことで集中力が切れていた選手が居たのも確かである。しかしそれ以上にグルージャ盛岡の守備陣を脅かす攻撃が出来なかったのは仕方がないとしか言いようがない。時折、足元の技術の高さを見せ付ける場面もあったが、それだけで何とかなるものではない。あと、擁護するとすれば雨でぬかるんだピッチでボールが転がりにくくなったのは、確かにパスサッカーをしたい静岡FCのアドバンテージとなっていた。

 グルージャ盛岡にとって静岡FCは絶好のカモだった。ショートパスとドリブルで進入してくる静岡FCを、6人で構成する守備の網で捕らえると一気に前線へ。その前線には既に2人ほど飛び出しており、酷いときは4対2の数的優位を作り出す。あとはサイドに展開するもよし、強引に突破するもよし。オフザボールの動きとそこから繰り広げる速い攻撃は見事であった。相手の士気が下がっていたとはいえ、静岡FCとは初戦で当たっていてもおそらくは同様にしっかりと勝てていたことだろう。初戦で松本山雅FCに追いつかれながらも2回のリードを奪ったのが何よりもの証拠だ。今思うと、松本山雅FCに勝てていたらもっと状況は良くなっていたのかもしれない。

決勝大会

続・レノファのチャレンジシリーズ

 ポイントは一つ。静岡FCグルージャ盛岡松本山雅FCをし止めた最強の矛がどこまで通用するのかに尽きる。そしてそれが今から楽しみである。決勝ラウンドの相手は順に「FC町田ゼルビア」「ホンダロック」「V・ファーレン長崎」となる。レノファ山口FCにとってはもう一度Cグループを戦うようなものだろう。

 戦前から予想をするのはレノファ山口FCの快進撃でこりたので、決勝ラウンドについては決勝ラウンドが始まってからお話します。

決勝大会

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook