レノファ山口FCvsグルージャ盛岡:前半終了

P10503851.JPG

レノファ山口FC 1-1 グルージャ盛岡
得点
前半16分(盛岡)13加藤浩史
前半40分(山口)14大野達也
 静岡FCを倒し、注目を浴びるレノファ山口FCは先日に引き続き両サイドの高い位置から攻撃を仕掛ける。しかしDF登録6人を先発させる超守備的布陣を敷いているグルージャ盛岡をなかなか崩せない。逆にグルージャ盛岡の精度の高いボールキープを武器にしたショートカウンターに苦しめられる。
 試合が動いたのは前半16分。スルーパスからDFラインの裏に飛び出した加藤がGKとの1対1を冷静に決めて盛岡が先制する。
 しかしレノファ山口FCがここで終わるわけがない。幾度となく左サイドを突き続けると、前半40分に柏原が左サイドの深い位置に侵入し、グラウンダーのクロスを上げると、それが大野の足元にぴたりと入り込み、同点に。
 まだまだどちらに転んでもおかしくないが、グルージャのリアクションサッカーは限界に近い。
 会場は日が射すようになって、そこまで寒くはなくなりました。

関連ニュース
関連試合
関連レポート

検索

Twitter

Facebook